一般的なお葬式の流れや、しきたりなどの情報をまとめています。
「もしも」の時はまず当組合の各葬祭専門業者へご連絡ください。
お葬儀の施行から、四十九日忌法要まで責任をもってお世話いたします。


【03】キリスト教式のお葬式の場合

1.危篤

知らせを受けたら、場所・連絡先を確認しできるだけ早くかけつけましょう。
遠方の場合は、万が一の時に備えて出かけるようにしましょう。


2.臨終

知らせを受けたら、故人と親しい関係であった場合はすぐに駆けつけます。
友人・知人などの場合は早めに弔問し手伝いを申し出ましょう。人手が足りていれば、 長居しないようにします。一般的な間柄であれば、死亡直後の弔問は避けて 通夜に参列します。

(服装について)
平服でかまいません。ただし、あまり派手なものでなく、色・デザインの落ち着いたものを着用します。
(弔問できないとき)
死亡の知らせを受けても、やむを得ない事情で通夜・葬儀に参列できない場合は代理人を立てます。遺族には代理であることを伝えた上で弔問します。代理人を立てられない場合は、とりあえず弔電を打ちます。そして後日、あらためて弔問するようにします。
(故人との対面は)
故人との対面は遺族からの申し出があった場合にのみ行います。自分から願い出てはいけません。対面がつらい時には、丁重にお断りしてもやむを得ないでしょう。対面する時は、枕元に正座し遺体に向かって一礼します。遺族が顔の白布をとったらしばらくの間対面し、合掌して冥福を祈ります。対面が済んだら遺族に一礼して後ろに下がります。
(供花・供物は)
供花・供物は祭壇に飾るので、通夜に間に合うように届けましょう。喪家が供花・供物を辞退する場合もあるので、事前に確認します。葬儀社や生花店に依頼するときは、はっきりと日時を指定します。


3.前夜式

受付で香典を差し出し記帳した後、着席します。
聖歌(または賛美歌)の合唱、聖書の朗読、祈りのあと献花が行われます。

(服装について)
喪服あるいは、男性ならダークスーツ、女性なら色・デザインの地味なスーツかワンピースでも良いでしょう。ただし、靴やバッグは黒のものを用い、またアクセサリーも真珠以外のものは身に付けません。
(香典について)
表書きは「御ミサ料」(カトリック)、「御花料」(プロテスタント)あるいは「御霊前」とします。持参するときは、袋のままではなく弔事用のふくさや小ふろしきなどに包んで行きましょう。
金額は、故人との関係・弔問する人の社会的地位などによって違います。金額については「●葬儀の知識 編 10.香典の相場」を参考にして下さい。

(献花)
1. 遺族に一礼し、花が右を向くように受け取ります。
2. 花が手前になるように回します。
3. 遺影に向かって一礼し、両手で捧げます。
4. うしろにさがって、一礼します。


4.葬儀・告別式

受付で香典を差し出し記帳した後、着席します。前夜式ですでに香典を供えている 場合は、記帳だけします。式次第や聖歌(賛美歌)は、印刷物として用意されています。
献花をして哀悼の意を表します。

(服装について)
喪服あるいは、男性ならダークスーツ、女性なら色・デザインの地味なスーツかワンピースでも良いでしょう。ただし、靴やバッグは黒のものを用い、またアクセサリーも真珠以外のものは身に付けません。
(香典について)
表書きは「御ミサ料」(カトリック)、「御花料」(プロテスタント)あるいは「御霊前」とします。持参するときは、袋のままではなく弔事用のふくさや小ふろしきなどに包んで行きましょう。
金額は、故人との関係・弔問する人の社会的地位などによって違います。金額については「●葬儀の知識 編 10.香典の相場」を参考にして下さい。

(献花)
1. 遺族に一礼し、花が右を向くように受け取ります。
2. 花が手前になるように回します。
3. 遺影に向かって一礼し、両手で捧げます。
4. うしろにさがって、一礼します。




5.追悼ミサ
カトリックの場合は、故人の亡くなった日を召天記念日といいます。
死後、3日目、7日目、30日目と毎年の召天記念日に、教会で追悼ミサが行われます。
プロテスタントの場合は、特に決まりはありませんが、死後7日目か10日目、または1ヵ月後の召天記念日に記念式を行います。